• ホーム
  • アフターピルはどうやって手に入れる?

アフターピルはどうやって手に入れる?

2019年11月28日
考えている女性

アフターピルとは、妊娠の可能性があるセックスしてしまった際に妊娠を望まない場合に服用して妊娠を阻止するための薬です。
このため緊急避妊薬とも呼ばれます。
妊娠が発生してしまうとそれを中止させることは母体に対して大きなダメージを与えてしまいますが、アフターピルであれば副作用のリスクはありますが、人為的とはいえ自然に妊娠を阻止することができるため身体に与える悪影響を最小限にすることができます。

アフターピルは市販されている薬ではありませんから簡単にドラッグストアや薬局では購入できない薬です。
日本国内でアフターピルを手に入れるためにはクリニックで医師に処方してもらう必要があります。
産婦人科であれば手に入れることができますし、ピル専門外来であれば検査費用を抑えて手に入れることができますが、それでも費用は1万円から2万円です。
さらに休日診療では割増料金が加算されます。

その一方でアフターピルは服用するタイミングが重要です。
アフターピルは妊娠の可能性がある性行為をしてから長くても72時間以内に服用することが求められます。
さらに72時間以内でも時間が経つほど妊娠阻止率が低下していきますから利用するのであれば早ければ早い方が良いといえるものです。
なお、アフターピルの一般的な妊娠阻止率は72時間以内に適正に使用した場合でも80%と言われています。
このため100%防ぐことができないものであることに留意する必要があり、早いタイミングであれば少なくとも80%以上の妊娠阻止率が期待できるため、アフターピルは常備しておくことが望まない妊娠を防ぐためにもメリットがあるものです。
しかし、市販で購入できないアフターピルを常備するのは難しく、またクリニックもあくまでも緊急避妊を目的として処方される薬であるため常備薬を目的にした場合にはアフターピルを処方してくれないところもあります。
このような場合に使えるのが通販によって海外から手に入れる個人輸入という方法があります。

心配なら!アフターピルを常備するメリット

アフターピルを常備するメリットとしては、第一には望まない妊娠を避けるためのアイテムが手元にあることで慌てなくて済むということです。
また早く飲むほど効果が期待できます。
しかし日本国内では市販されていませんし、クリニックでも常備を目的としてアフターピルを出してくれません。
このため海外から購入する個人輸入によって手に入れることになります。
海外で販売されているアフターピルを購入するのに便利なのが個人輸入代行業者です。
個人輸入はあくまでも個人が自身の使用を目的として購入するものですが、海外の通販サイトから直接購入するというのは難易度が高いものです。
しかし、代行業者であれば通販サイトの感覚で購入することができます。

個人輸入代行業者を使って海外で売られている薬を購入すること自体は簡単に行えますが、手に入れるまでには時間が掛かります。
このためアフターピルを個人輸入で購入する場合にはすぐに使うことを目的とするよりも常備するための目的で利用するのが一般的です。
ただ海外で販売されている薬には偽薬が混ざり込んでいる場合もありますし、評判の悪い個人輸入代行業者も存在しています。
このため安心して利用できるアフターピルを手に入れるためにはその個人輸入代行業者の評判や情報を確認することが大切です。
特に老舗の個人輸入代行業者であれば安全ですし、薬に関する情報も多く提供されているので安心です。
また信頼できる業者の場合には販売している医薬品が本物であるか第三者機関を通じて確認をしているところもあり、そのような取り扱っている医薬品の安全性を十分に確認している個人輸入代行業者を利用することで安心して常備できるアフターピルを購入することができます。

関連記事
アフターピルにアイピルが選ばれる理由

避妊に失敗してしまったときは、産婦人科で緊急避妊する方法が一般的です。産婦人科ではヤッペ法とノルレボ法があり2011年からはノルレボ法が主流となりました。2つの違いは服用方法と胃腸の副作用違いです。ヤッペ法は性交後避妊に失敗してから2時間以内に一錠、12時間の間隔をあけて一錠の2回と吐き気止めの薬を...

2019年12月27日
マドンナはどんなアフターピル?

マドンナはアフターピルと呼ばれている緊急避妊薬です。マドンナは低用量ピルより女性ホルモンが多く配合されていて、性行為を行なった後に服用することによって避妊効果を得ることができます。低用量ピルのように毎日飲む必要がなく煩わしさがありません。マドンナの成分はレボノルゲストレルです。他のアフターピルと比較...

2020年01月14日
アフターピルの効果的な飲み方は?

アフターピルは一般的によく使用されている低用量ピルとは違い、性行為の後に使うというところが特徴です。目的は低用量ピルと同じように避妊ですが、作用の仕方が違います。アフターピルを使う時には、すでに性行為をした後だということで、早く効果を出さなければ妊娠が成立してしまいます。そのため、低用量ピルよりも含...

2019年12月11日