• ホーム
  • タバコをすっていたらアフターピルは使えない?

タバコをすっていたらアフターピルは使えない?

2020年04月10日

アフターピルは緊急的に避妊をしたいという女性にとって役立つ薬です。
世界中で使用されており、手軽に使用できる避妊薬として重宝されています。
しかし、アフターピルは薬の一種であり、副作用のリスクもあることを知っておきましょう。

アフターピルは緊急避妊薬の一種であり、避妊に失敗した時に一度服用するだけで避妊効果を得られることが特徴です。
低用量ピルのように毎日服用する薬ではありません。
服用方法は簡単ですが、体への負担が大きいことに注意しましょう。

アフターピルを服用した場合、体内の女性ホルモンが増加してホルモンバランスが変化します。
それによって頭痛や吐き気、倦怠感などといった副作用が発生するということです。
このような症状はすぐに治まるということですが、場合によっては重篤な副作用が発生してしまうこともあるので注意しましょう。
アフターピルで注意が必要な副作用として、血栓症というものがあります。

アフターピルに含まれるエストロゲンには血管内の血液を凝固させる作用があるため、血栓症を引き起こすということです。
喫煙者がアフターピルを服用すると血栓症のリスクが増加するので注意が必要です。
タバコにはニコチンという成分が含まれていますが、ニコチンには強力な血管収縮作用があります。
摂取することで血圧が上昇し、血管内の血流は低下してしまいます。
結果として体中の血管が細くなってしまうため、全身に血液をしっかり送ることが難しくなります。

また、タバコの煙に含まれる一酸化炭素はヘモグロビンと結合しやすく、ヘモグロビンは酸素ではなく一酸化炭素を体のさまざまな部位に運んでしまいます。
それによって血流が悪くなってしまうことも血栓症のリスクを高める原因となります。

タバコとアフターピルは相性が良くないということですが、年齢や吸う本数によっても危険性は変わってきます。
35歳以上で1日15本以上のタバコを吸っている場合、アフターピルを処方してもらうことはできません。
これは年齢が高くなるごとに血流が悪くなるという理由があります。
ちなみに、タバコを吸っていなければ、エストロゲンによる血液凝固作用は特に問題のある作用ではありません。

喫煙者がアフターピルを使いたい!どうすればいい?

喫煙者がアフターピルを使った場合、血栓症のリスクが高まるとされています。
血栓症とは静脈に血栓ができることにより、血流を阻害してしまう症状のことです。
血栓が血液に乗って肺の動脈に詰まってしまった場合、命に関わることもあります。
そのため喫煙者がアフターピルを服用する場合、血栓症を予防するために禁煙することが大切です。

最低でもアフターピルの効果が働くとされている期間は禁煙をすることが大切です。
アフターピルの効果は種類によっても異なってきますが、最大で120時間持続すると言われています。
その場合は5日間は禁煙した方が良いでしょう。
喫煙者にとって5日間も禁煙するのは難しいことかもしれません。
ちなみに、5日の間に出血が起こったら喫煙を再開しても良いということです。
この出血は避妊に成功した証拠であり、生理と呼ばれることもあります。

禁煙が難しい場合、電子タバコを使用すると良いかもしれません。
電子タバコといっても2種類に分類することができます。
一つはタバコの葉を蒸してその蒸気を吸引するというものですが、こちらにはタールやニコチンが含まれているため、アフターピルとの併用は向いていません。

もう一つの水蒸気を吸うタイプの電子タバコなら、タールやニコチンなどは含まれていないため、アフターピルと併用することができます。
こちらは香りのついた水蒸気を吸うだけですし、健康に悪影響を及ぼす心配はほとんどありません。
有害物質もかなり少ないですし、従来のタバコと比べて安全性が高くなっています。

水蒸気を吸うタイプの電子タバコは安全性が高いですが、ニコチンにかなり依存している人には物足りなく感じるかもしれません。
しかし、これからアフターピルを服用したいと考えているなら、少しずつタバコの量を減らしていきましょう。

関連記事
お酒はアフターピルに影響しないって本当?

もし、避妊に失敗してしまったり性被害に遭ってしまい、望まない妊娠をしてしまう可能性があるという場合、すぐにアフターピルを服用しましょう。アフターピルは緊急避妊薬とも言われており、性交渉後でも服用することで避妊の効果を得られる薬です。中絶といった女性の身体だけでなく心も傷つけてしまうことを避けるために...

2020年06月24日
アイコスとタバコの違いとは?

紙巻きタバコは火で燃やすことでニコチンを発生させて喫煙します。葉を燃やすとニコチンを発生させるだけではなく、一酸化炭素とタールも発生するという特徴を持っています。タールには発がん性物質が含まれていますし、一酸化炭素は血管の萎縮するなどを引き起こすことが知られています。さらに発生する煙や吐き出した煙に...

2020年05月20日
アフターピルにアイピルが選ばれる理由

避妊に失敗してしまったときは、産婦人科で緊急避妊する方法が一般的です。産婦人科ではヤッペ法とノルレボ法があり2011年からはノルレボ法が主流となりました。2つの違いは服用方法と胃腸の副作用違いです。ヤッペ法は性交後避妊に失敗してから2時間以内に一錠、12時間の間隔をあけて一錠の2回と吐き気止めの薬を...

2019年12月27日
マドンナはどんなアフターピル?

マドンナはアフターピルと呼ばれている緊急避妊薬です。マドンナは低用量ピルより女性ホルモンが多く配合されていて、性行為を行なった後に服用することによって避妊効果を得ることができます。低用量ピルのように毎日飲む必要がなく煩わしさがありません。マドンナの成分はレボノルゲストレルです。他のアフターピルと比較...

2020年01月14日
ニキビ治療目的でマーベロンを飲んで良い?

ニキビ治療でマーベロンを飲んでよいのかという疑問や質問はインターネット上でよく見られますが、結論から言うとマーベロンはニキビ治療の目的で服用することができる低用量ピルです。実際に、皮膚科や美容クリニックなどでもニキビ治療のためにマーベロンが処方されるケースはよくあります。マーベロンだけでなく他の低用...

2020年03月16日
トリキュラーを処方してもらうにはどんな検査が必要?

トリキュラーは低用量ピルの一種で、多くの人に愛用されている薬です。含まれている女性ホルモンは黄体ホルモンと同じ働きをするレボノルゲストレルと卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールの2種類になります。レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが体の中に入ると、それで必要な女性ホルモン量が満たされ...

2020年02月19日
低用量ピルの海外での普及率

少子社会の日本。低用量ピルなんかなくても、十分妊娠を回避することはできているじゃないかという声があります。むしろ低用量ピルが使われるようになれば、これ以上少子化が進むのではないかと懸念する向きもあるようです。しかし日本の避妊は今のままで十分というのは間違っています。妊娠する日本女性の3人に2人は予定...

2020年02月02日
アフターピルの効果的な飲み方は?

アフターピルは一般的によく使用されている低用量ピルとは違い、性行為の後に使うというところが特徴です。目的は低用量ピルと同じように避妊ですが、作用の仕方が違います。アフターピルを使う時には、すでに性行為をした後だということで、早く効果を出さなければ妊娠が成立してしまいます。そのため、低用量ピルよりも含...

2019年12月11日
アフターピルはどうやって手に入れる?

アフターピルとは、妊娠の可能性があるセックスしてしまった際に妊娠を望まない場合に服用して妊娠を阻止するための薬です。このため緊急避妊薬とも呼ばれます。妊娠が発生してしまうとそれを中止させることは母体に対して大きなダメージを与えてしまいますが、アフターピルであれば副作用のリスクはありますが、人為的とは...

2019年11月28日