• ホーム
  • ニキビ治療目的でマーベロンを飲んで良い?

ニキビ治療目的でマーベロンを飲んで良い?

2020年03月16日

ニキビ治療でマーベロンを飲んでよいのかという疑問や質問はインターネット上でよく見られますが、結論から言うとマーベロンはニキビ治療の目的で服用することができる低用量ピルです。
実際に、皮膚科や美容クリニックなどでもニキビ治療のためにマーベロンが処方されるケースはよくあります。

マーベロンだけでなく他の低用量ピルでもニキビが治る症例はみられる傾向にありますが、特に男性ホルモンの活性がそれ以前に発売されたピルよりも少なめと言われるマーベロンは、皮脂が過剰に分泌される原因となる男性ホルモンの活性を抑えてくれる役割があるため、ニキビを改善させることが出来ます。

マーベロンはエチニルエストラジオールデソゲストレルの複合材で、このエチニルエストラジオールデソゲストレルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの名前です。
女性の身体にはこの二種類の女性ホルモンが変化しながら分泌されていますが、マーベロンに配合されている黄体ホルモンのデソゲストレルは男性ホルモンの活性が低いため、他のピルに比べてニキビや肌トラブルができにくい特徴があります。
ニキビの治療は一般的に外用薬が処方されますが、大人の治りにくいニキビはホルモンバランスが悪かったり男性ホルモンの値が高すぎるため起こるケースが多い傾向にあるのが特徴です。
女性にも男性ホルモンが微量ですが分泌されており、この数値が高めの人は男性ホルモンの活性が高い低用量ピルを服用するとニキビが出来たり悪化させてしまうリスクがあります。

しかし、マーベロンのように男性ホルモンの活性が低い低用量ピルを使うことでその活性を下げるだけでなく女性ホルモンのバランスを一定に保ち、ホルモンのアンバランスによるニキビを防ぐことができることがわかっています。
マーベロンは避妊薬ですが、ニキビ治療を目的として服用する人も多い、一般的には綺麗になるピルと呼ばれている製品ですので、避妊とニキビ治療の両方の用途で使えるということが出来ます。

低用量ピル服用でニキビが治る理由

低用量ピルを服用するとニキビが治る理由は、ホルモンバランスが悪いことが理由で出来ているニキビに対して、体内の女性ホルモンの値を一定に保つことができる点が挙げられます。
女性は約1か月周期で女性ホルモンの分泌量が変化しますが、その変化の具合によっては皮脂の分泌量が増えてニキビのもとになることがあります。

ホルモンのアンバランスはストレスや不規則な生活などによっておこりますが、特に大人のニキビの原因として多く見られるパターンです。
そうした大人のニキビには低用量ピルを服用するのが効果的です。
増えすぎた男性ホルモンを抑制したり、女性ホルモンの値を一定に保ち変化をさせないことで過剰な皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

使用方法はとても簡単で、避妊目的の場合には生理に初日に服用するのが一般的です。
初日からスタートする使用方法の場合、その日から避妊効果がありますが念のため1週間程度は他の避妊方法を併用するのが安全です。
又、クイックスタートと呼ばれる方法をとる場合は生理を待たずに服用することも可能ですし、避妊目的でなければ特に気を付けることなく1シートを服用して構いません。

低用量ピルがニキビの治療に効果的なのは、ホルモン量を一定に保ってくれたり男性ホルモンを抑制してくれる働きがありますが、ニキビ治療に効果的な種類の低用量ピルがありますので、そうした種類を使うとより効果的です。

副作用は人によっては吐き気や頭痛、肌荒れなどが出ることがあります。
副作用は人によって非常に個人差がありますし、全く感じることなく快適に過ごすことが出来る人もいます。
新しい低用量ピルは比較的副作用の出る頻度が低いといわれているのも特徴です。

関連記事
アイコスとタバコの違いとは?

紙巻きタバコは火で燃やすことでニコチンを発生させて喫煙します。葉を燃やすとニコチンを発生させるだけではなく、一酸化炭素とタールも発生するという特徴を持っています。タールには発がん性物質が含まれていますし、一酸化炭素は血管の萎縮するなどを引き起こすことが知られています。さらに発生する煙や吐き出した煙に...

2020年05月20日
タバコをすっていたらアフターピルは使えない?

アフターピルは緊急的に避妊をしたいという女性にとって役立つ薬です。世界中で使用されており、手軽に使用できる避妊薬として重宝されています。しかし、アフターピルは薬の一種であり、副作用のリスクもあることを知っておきましょう。アフターピルは緊急避妊薬の一種であり、避妊に失敗した時に一度服用するだけで避妊効...

2020年04月10日
アフターピルにアイピルが選ばれる理由

避妊に失敗してしまったときは、産婦人科で緊急避妊する方法が一般的です。産婦人科ではヤッペ法とノルレボ法があり2011年からはノルレボ法が主流となりました。2つの違いは服用方法と胃腸の副作用違いです。ヤッペ法は性交後避妊に失敗してから2時間以内に一錠、12時間の間隔をあけて一錠の2回と吐き気止めの薬を...

2019年12月27日
マドンナはどんなアフターピル?

マドンナはアフターピルと呼ばれている緊急避妊薬です。マドンナは低用量ピルより女性ホルモンが多く配合されていて、性行為を行なった後に服用することによって避妊効果を得ることができます。低用量ピルのように毎日飲む必要がなく煩わしさがありません。マドンナの成分はレボノルゲストレルです。他のアフターピルと比較...

2020年01月14日
トリキュラーを処方してもらうにはどんな検査が必要?

トリキュラーは低用量ピルの一種で、多くの人に愛用されている薬です。含まれている女性ホルモンは黄体ホルモンと同じ働きをするレボノルゲストレルと卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールの2種類になります。レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが体の中に入ると、それで必要な女性ホルモン量が満たされ...

2020年02月19日
低用量ピルの海外での普及率

少子社会の日本。低用量ピルなんかなくても、十分妊娠を回避することはできているじゃないかという声があります。むしろ低用量ピルが使われるようになれば、これ以上少子化が進むのではないかと懸念する向きもあるようです。しかし日本の避妊は今のままで十分というのは間違っています。妊娠する日本女性の3人に2人は予定...

2020年02月02日
アフターピルの効果的な飲み方は?

アフターピルは一般的によく使用されている低用量ピルとは違い、性行為の後に使うというところが特徴です。目的は低用量ピルと同じように避妊ですが、作用の仕方が違います。アフターピルを使う時には、すでに性行為をした後だということで、早く効果を出さなければ妊娠が成立してしまいます。そのため、低用量ピルよりも含...

2019年12月11日
アフターピルはどうやって手に入れる?

アフターピルとは、妊娠の可能性があるセックスしてしまった際に妊娠を望まない場合に服用して妊娠を阻止するための薬です。このため緊急避妊薬とも呼ばれます。妊娠が発生してしまうとそれを中止させることは母体に対して大きなダメージを与えてしまいますが、アフターピルであれば副作用のリスクはありますが、人為的とは...

2019年11月28日